読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君の関係性について考察してみた。

お久しぶりです。でこぽんと申します。

 久しぶりに

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君の仲良しエピソードを年表にしてみた。

を更新いたしました。

しかし、更新したすぐの出来事でした。当方曜日感覚がなく、今日が日曜日だということをすっかり忘れていたのですが、Twitterに流れるSORASHIGE BOOKのレポに大いに驚きました。

以下、全文になります。

 まああのね、いろんな人にこれからきっといろんな現場で祝ってくれるんでしょうねぇありがたいことに!
ほんっとにこういう仕事してるとさあ、たくさんのひとに祝われてありがたいんですけど、
一番最初に祝ってくれた人が、丸山君ね、アハハハハハハ!安定ですよ。もう。
なんかいきなり、こう…なんか、あの…メール着て。「明日シゲちゃん何してる?」みたいな。「あ~明日スタッフと飯食う予定ですけど」みたいな。でも丸山君も知ってる人だから、「あ~一緒でいいなら、あのごはん食べましょうよ」みたいな。なんか。
で、丸山君今「フグ食べたい」って言うんで、「あーいいっすよいいっすよ」みたいなこと言ってて。なんか、なんか珍しいなってなんか思ってたら。で、行ったら、あのー丸山君はあいも変わらずスーツだったんですけど、ハハハ最近スーツじゃない丸山君見てないな。あのー誕生日を祝ってくれるってことで。
僕は早かったんですよ一週間くらい。7月11日よりね。一週間くらい早かったんで、あのーそんな気持ちの準備してなかったから。ああそういうことだったんすね!みたいな。だからなんかちょっとおいしいごはんとかもご馳走になってしまいまして。スタッフは完全に便乗した感じでしたけど、
そうそうそうそういうことで、去年は丸山君すごいいろいろやってくれて、ごはんも連れてってもらったし。あの鉄板焼きだったんで去年はね。なおかつ、あのープレゼントを。で、あのスコッチ、僕の生まれ年のスコッチウィスキーと、パスポートケース貰ったんです。でまあお返しに僕もあの、ちょっと遅れちゃったけど丸山君が欲しがってたお風呂で見れるテレビなおかつちょっと高級な傘みたいな。をプレゼントしたんすよ。
で、去年そんな感じ、お互いかさばる物シリーズだったから、まあ俺のがよりかさばったんだけど。なんか今年は丸山君あの万年筆、いただきまして。それはなんか、で浮世絵の絵が、柄が入って、っていうちゃんとした、インク浸けて書くタイプの万年筆だったんです。
で、あの、僕すごくうれしかったんですけど。僕今まで万年筆使ってこなかった理由が『左利きだから』なんです。ペン先割れちゃうでしょ?たぶん。なんだけど、まあもう割れてでもこれ使わないとなあと思って。まあ変れるでしょうしね先はね。というわけでね。今年は。そんなインクとかもちゃんともらっちゃったからさあ今年は、使わないとなあと。
インクで何なら小説書けみたいなテンションで。いや、さすがに直筆はちょっとしんどいっすみたいなことだったんですけど。まああの、そう、そういうこともあってたくさん祝ってもらって。

 

2014/07/13 SORASHIGE BOOK より

これを聞いて、丸山くんと加藤君の仲のよさに頭を抱えました。

去年の誕生日エピソードも素晴らしかったです。加藤君がラジオで語ったエピソードを含め、去年の加藤君の誕生日の流れです。

2013年の加藤シゲアキの誕生日。丸山隆平がメールで加藤を呼び出す→予約のなかなか取れない鉄板焼き屋の個室で丸山自ら肉を焼く→加藤がトイレから 帰ってくるとケーキ(名前入り)とプレゼント(パスケースと生まれ年のグラス、それを飲むスコッチ)が用意されてる→その後丸山宅で飲みなおし。

f:id:ponkandekopon:20130910211014j:plainf:id:ponkandekopon:20140714135741j:plain

 

(出典はWU10月号NEWSページ近況、M誌11月号GIRL FRIENDS

これは年表記事でも触れましたが、丸山君の私生活は謎で、メンバーでさえ家にあげない、とメンバーが口にしています。そんな丸山隆平君が唯一家にあげる相手である加藤シゲアキ君。丸山隆平君の私生活をよく知る加藤シゲアキ君。

上記の『あのー丸山君はあいも変わらずスーツだったんですけど、ハハハ最近スーツじゃない丸山君見てないな』という一文や、また、

『KちゃんNEWS』、2014/07/01の回、櫻井会の話題で、

加藤「レコメンとか着るの最近あの人スーツとかタキシードとか。写真も入ってたけど、でも、入ってなくても着る人なの。そういうとこあるんです。あの先輩は。ボクはもう普通なんです。でもみんなからすると不思議じゃん」

という発言から、いかに加藤君が丸山君と私生活を共にし、スーツである丸山君と(メディアに露出していない部分も)接しているか分かると思います。

 

さて、そんなラジオに興奮したでこぽんですが、せっかくの機会なので関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君の関係性について考察してみようと思います。

仲良しエピソードは

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君の仲良しエピソードを年表にしてみた。

をご覧になってくだされば、一目瞭然かと思います。

そうです、一目瞭然なのです。

上記のラジオレポ内の一文、『一番最初に祝ってくれた人が、丸山君ね、アハハハハハハ!安定ですよ。もう。』

また、2014年5月号のWU(加藤シゲアキ連載photo shigenic)では『仲がいいのはもはや周知の事実』

f:id:ponkandekopon:20140714135923j:plain

と加藤君本人が、丸山君と仲がいいことは(ラジオを聞いてくれる、連載を読んでくれているような自分のファンであったら)周知の事実であると言っている通り、確かに周知の事実です。

加藤君のファンも、丸山君のファンも、何らかの形で彼らが仲がいいことを知っています。片方が発信する片方側のみの事実しか知らなかったとしても、それは周知なほどなのです。

では、どうして彼らはこんなに仲がいいのか?少し考察してみたいと思います。

 

2010年7月号のWU(フォトシゲ)で、加藤君はこんなことを言っています。

f:id:ponkandekopon:20100611194654j:plain

『怒涛の罵声』

『丸山くんは結構交流があるゆえに僕のチェックに厳しい先輩の一人』

今とは関係性が違っていることが分かる最たるものですね。

また、TVfan 2011年7月号でも、

『(丸山は)髪の毛痛んでるんじゃないのとか、太ったんじゃないのとか、言ってくれる唯一の先輩』

と言っており、丸山君が加藤君に厳しかったことがうかがえます。

しかし、

『隆平会!丸山隆平加藤シゲアキ関ジャニ∞安田章大のレコメン』(2014/06/12)では、
加藤「いきなり僕の家にピンポンしてきて、「映画みようぜ!」つって、で、僕の(家に)いきなりきたんですよ。いきなり!僕の好きな映画をまず見せろ、みたいなことになって、二人で見て」
安田「お前なんや!いきなり」
丸山「なんか寂しかってん。で、誰とって思ったら、あ、シゲちゃん!とおもって。映画とか見たら、その話ができるかなって」
加藤「で、あんまはまらなかったんです、僕の選んだ映画!」

と語っており、その際みた映画は『うつせみ』だと語っています。

2011年8月21日のSORAHIGE BOOKで、「関ジャニの丸山君に勧めた」と言ったのがこの『うつせみ』です。まさかこのシゲ部を聞いた人がこんな形で二人が見てるとは思わなかったでしょうけれど…(わたしも含めて)。

この隆平会レコメンでも、何回か飲んだ後、いきなり家に来た、とだけしか語っておらず、それが知り合ってすぐのことなのか、ラジオで発言があった近々のことなのか、汲み取ることはできません。

そして、2011年9月号のD誌では「メンバー以外の人と、仲がよくなるとその絆は強い」と語ります。すでに、この時点で『厳しい先輩でありながら、仲のいい先輩』であったことはうかがい知れます。

では、厳しい先輩でなくなったのは、いつごろなのか?

2012年2月18日のSORASHIGE BOOKで、

『(丸山の舞台)もちろん行きますよ。(略)最近はメンバーより会ってるんじゃないかと丸山くんとは。明星で連載が始まったんですよ。次何かやりたいことってある?って言われて丸山くんとやりたいねって言ってたら出来ることになって。(略)最近もよく会う。(略)手越のイッテQもわりと見てて、でも丸山くんの仕事のほうが見てるんじゃないかって。(略)ご飯食べることになって、共通の友達とかと。ご飯食べながら、ピンクとグレー読んだよって。俺結論気づいたわと。俺はシゲちゃんのファンだっていう結論が出て(略)何よりもシゲちゃんのファンだって言っていただいて』

と語っている通り、丸山君が「加藤成亮に少し厳しい仲の良い先輩」から「加藤シゲアキのファン」にシフトしたことが分かります。

知り合ったのは2009年5月前後と仮定し、約3年の月日を経て「先輩」から「ファン」に、そして、

2014年M誌6月号(ガルフレ)にて

『今日『ありえへん∞世界』の収録やったんやけど、シゲちゃんの本3冊買ってたから、そのうち一冊をゲストで来てはった俳優の滝藤(賢一)さんに渡してきた。「これ、僕の友人が書いた本なんで、よろしくお願いしますー」って。』

「ファン」でありながら「友人」にシフトしています。

丸山君と加藤君は、『ジャニーズ事務所』という事務所に所属するアイドルの先輩後輩です。しかも年は四つ離れています。ジャニーズ事務所は入所日を基準とする先輩後輩関係に非常に厳しい事務所です。そんな二人が「友人」と称すほどの仲の良さであることは、驚くべき事実です。

上下関係についてはこの記事をどうぞ。

SMAP中居正広が「ナカイの窓」でジャニーズ内での上下関係について語る - ライブドアニュース

また、ジュニア時代に交流がある、ドラマで共演する等すれば、先輩後輩、または年齢に差があってもでも仲良くなる可能性はありますが(赤西仁君と小山慶一郎君、V6と嵐、松岡昌宏君と大倉忠義君等…例が悪いのは承知です)、丸山君と加藤君はそうではありません。

では、丸山君はいったい加藤君のどこを魅力に感じたのでしょうか。関ジャニ∞のメンバーも謎という私生活を、彼に見せるまでになったのでしょうか。

2011年9月11日のSORASHIGE BOOKでの発言です。

『エイトの人たちといると、丸山くんの雰囲気がちょっと変わるんだよ。オレと一緒のときは、結構しっとりした落ち着いた雰囲気なんだけど、(略)明るくてひょうきんな丸山くんになるのが新発見だったな』

丸山君は、世間一般のイメージの通り、『明るくてひょうきん』です。関ジャニ∞のメンバーも、丸山君といると楽しい、と言います。

その分丸山君は根暗です。加藤君にはその根暗の部分を出しやすい、ということなのでしょう。加藤君も根暗を自称しています。

さて、いったんこの辺で『関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君の関係性について考察』は終わりにして、

丸山隆平加藤シゲアキへのベクトルについて考察してみた』

に続こうと思いますが、ただいま深夜二時ですので、明日以降に持ち越しさせていただきます。

 

長々と事実ばかりの羅列で考察が少なく申し訳ありません。次回の記事は精進します。閲覧有り難うございました。