読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

不倫してほしいジャニーズ10選

こんにちは。いいお天気なのでお布団洗おうと思いまして、眠たい気持ちを奮い立たせて洗濯機に放り込んで、さて何をしよう、と思い立ってブログを書いてるでこぽんです。休みの日に何やってんだ。

lgc-24.hatenadiary.jp


さて、ジャニーズ界空前の「村焼き」ブームなので、それに乗ってみようと思ったのですが、ふとわたしの推し岡本圭人君を思い浮かべたら
「やめて君は村なんか焼かなくていいんだよ(涙)(涙)(涙)」
とわたしのモンペ心が耐えきれなくなったのでブームには乗れないな…と思っていたら、ふと「不倫してほしいジャニーズだったらいくらでも書ける」という事実に気が付いてからと言うもの脳みそがフル回転なので、記録に残しておきます。

まず、「不倫」の定義について。
[名・形動]道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。「―な(の)恋」
また、「浮気」と「不倫」の差については諸説ありますが、ここでは「男女どちらかが結婚しているにもかかわらず結婚相手以外と肉体関係がある」ことを不倫とします。

なお、「不倫してほしいジャニーズ」と言っても、「自分(書き手・読み手)と不倫してほしい」という意図ではなく、「こんなドラマ見たいなあ」くらいの気持ちで書いていることをご承知おきください。

さてそれでは、不倫にも色々なシチュエーションがありますが、そのシチュエーション別1位を上げていきましょう!


まず王道シチュエーション。
『結婚している女性に儚い恋をしているため、求められるままに関係を持ってしまう男性』
一位は中島裕翔くんです。王道だからこそ悩みました。一度は担当にこのシチュエーション脳内でさせますよね…。
中島裕翔くんの外見の美しさと儚さと純朴さが、「女の人の嘘に騙されてしまう」感が出ているのでしょうか。
こんなことはよくないと分かりつつも好きだからこそ抜け出すことができない。『いつか旦那とは別れる』という淡い約束をどこかで信じている、そんな裕翔君、見たいですよね。

 

逆に
『結婚しているにもかかわらず、伴侶以外の女性を求めてしまう男性』
一位は、横山裕さんです。
『いつか嫁とは別れるから』と言いながら、ずるずる関係を続けてしまう。もちろん嫁と別れる気はない。女の人をだますだけだましてほくそえむ横山さんの狡い笑顔にならだまされたい。
…そして、横山さんが奥さんに浮気がバレて土下座するところまで見えてきますよね。

 

似ていますが違うパターンとして
『結婚しているにも関わらず、複数の女性と関係を持っている男性』
一位は小山慶一郎さんです。
結婚相手には不倫の「ふ」の字も見せない優しい旦那さん。しかし、裏では複数の女性をたぶらかしています。元チャラ男だったのが改心されていない、もしくは優しすぎるが故断れない、どちらのパターンでも小山さんなら似合いますね。
…掛け持ちファンに対して「浮気どころか不倫だぞ!」と言っていた人とは思えないそういうギャップがよいです!

 

そこから発展しまして、
『結婚しているにもかかわらず若い女性に騙されてしまう男性』
一位は櫻井翔さんです。
若い女性と関係を持ち、自分が遊んでやっていると勘違いして悦に浸っているのですが、実際その若い女性は友人に「聞いて、あのオッサンちょっと遊んだだけで今月5万もくれた」と笑いながらスタバでピーチインピーチフラペチーノ飲んでいます。もちろん脇には櫻井さんから買い与えられたサマンサタバサ(ちょっと安めなことが重要。エルメスでもCOACHでもありません)のバッグがあります。自分がだましていると悦に浸っている櫻井さんも最高ですが、そのくせ本当は騙されていると思うとより最高ですね!!

 

結婚している男性シリーズ続きます。
『結婚しているにもかかわらず、女性に縋られて関係を持ってしまう男性』
一位は相葉雅紀さんです。
「思い出に一度だけ」や「わたし病気で…」など女性に泣かれ一度だけ過ちを犯してしまう男性です。相葉さんの優しさと隙にはとても似合いますよね。たったその一度の過ちを引きずって、ドラマであれば1話から9話まで延々と悩み続けます。最終的には許される。相葉さんは『許され力』も高いと思います。

 

さらに結婚している男性シリーズ。
『結婚しているにもかかわらず、他の女性を養っている男性』
一位は中居正広さんです。
え?何そのシチュエーション?とお思いかもしれないので簡単に説明すると、「あまり満たされた結婚生活をしていない男性が、ある不遇の女性に惹かれてしまい、その不遇を助けてやりたいと思ってしまい女性にお金を渡してしまう」タイプの不倫です。女性との肉体関係に惹かれるパターンではなく、女性の不遇さを満たすことに生きがいを見つけてしまうパターンですね。
中居さんにぶっきらぼうに煙草くわえながら「……今月こんだけな」って言ってほしいだけです。実際の中居さんの女性観とかは一切無視してますすみません!

 

一旦結婚している男性シリーズは終了。櫻井さんの逆パターンです。
『結婚している女性を騙してしまう男性』
一位は伊野尾慧さんです。
この場合の養われている、は簡潔に言います『ヒモ』です。
「これから…マンションの家賃も払ってもらえるみたいで…」
このセリフわたしの妄想じゃなくて伊野尾さんの口からアドリブで出てきたんですから、そりゃあ文句なしのナンバーワンですよ(2014年11月5日のリトルトーキョーライブ参照)。
「ねえねえだいちゃん聞いてよ今月五万もらっちゃったあ。家賃も払ってくれるんだって。俺バイトしなくていいやあ」って言いながら酸辣湯啜っててください。「じゃあおごれよ」って言われて「それとこれとは話が別」って言いながらふらっと立ち上がって別の女性に会いに行ってください。

 

若い男性が既婚女性と不倫するシリーズ続きます。
『不遇である既婚女性を好きになってしまう男性』
一位は有岡大貴くんです。正直、中島健人くんと悩みました。
不遇、ここでは例をDVとします。夫から毎夜暴力を受ける女性。その隠していた秘密に有岡くんは気付いてしまいます。「そんな人やめて、俺にすればいいのに」これです、これ有岡くんに言ってほしい台詞です。強く女性の手を引いて、小さな体でも大きな包容力で女性を包み込んでほしい。でも「離れられない」と言われて「そっか…」と悔しそうに拳を握りしめてほしい。「俺には何もできない」これも有岡くんに似合うセリフですよね。

 

さらに続きます。
『相手が結婚していると知らずに恋に落ち、深みにはまってしまう男性』
一位は山下智久さんです。
お互い運命的に出会い恋におち、既婚女性は結婚していることを隠しているため、山下くんは知らないままお互いを深く知っていくことになります。
隠しごとをされていること、どこかおかしいことにはそのうち気付いていきますが、見て見ないふりをします。そうして隠しごとがバレるまでの刹那の熱い恋を楽しむ二人、というのが似合う気がします。…山下智久には業が似合う。

 

最後に。
『既婚女性がタイプ』
一位は丸山隆平さんです。
いや、丸山隆平さんにはどんな不倫役も似合うと思います、正直!ちょっとダメな男の人が良く似合うひとなので。ただ、ここであえて「好きな人のタイプぅ?う~~ん、既婚者!」とへらへら笑っているような丸山隆平さんが見たい。「既婚者って、独特の色気があって、独特のスリルがあって、最高」と笑顔で言うような、そういう性癖が歪んだ丸山さんが見たいわたしの性癖が歪んでいるわけではありません。


ここまで書いてみて、10じゃ全く足りなかった自分に驚いています…。まだ正直書けます。しかしきりがないのでこのへんで。…わたしがジュリー派閥をひいきにしていることが丸わかりなのが恥ずかしいので、本当はもっと幅ひろいジャニーズ出したかったのですが!!どうしてもシチュエーション別にしたら、こうなってしまいました。飯島さん方ひいきの方の記事も読みたいな…。


それでは、こんな言葉で〆たいとおもいます。
不倫、ダメ、絶対。