シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

『ピンクとグレー』映画化ついての雑感

どうもでこぽんです。最初はピンクとグレーについての話、あんまりしてないです笑 あと、映画化の是非については書きません。なんというか、最近わたしの身の回りに起きたことの雑感、て感じですね、ほんとは!

読み返してみて、うーん、感情に任せてるし結局何が言いたいんかって感じですけど、まあわたしが伝えたいことは大きい文字になってるんでそこだけ読んでくださればまあいいです。はい。


山下智久『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 ~エロP~』を見る機会がありました。

そもそもわたしにとって山下智久とは。
わたしがNEWSにハマったのは四人になってからです。6人時代のNEWSは、関ジャニ∞をかけ持つ『錦戸亮』を見る媒体、という認識でした。
それでも、NEWSから二人が脱退する、となったときは、相当ショックで。友人内もその話題で持ち切り。NEWS担の友人は当時いなかったものの、ジャニオタもジャニオタでないひとも、口をそろえて
「錦戸くんは仕方ない。でも、どうして山Pまで」
と言っていました。わたしも、例にもれずそう思っていました。四人になってからのNEWSを好きになって、過去も未来もNEWSを勉強して、さらにその気持ちは強くなった、と思います。

そんなわたしですが、NEWSという媒体を切り離した『山下智久』という商品は、とても好みで。
姿かたちは人類の奇跡、山下智久に提供される曲は天下一品。彼ののっぺりとした歌い方こそ好みでなかったものの、それさえ彼をまるで演出しているかのようで。山下智久と言う眉目秀麗な人形が才能のある人たちによって引き立てられているその様が、わたしにとってとても魅力的でした。彼がNEWSを脱退してからの楽曲は全部ウォークマンに入っているほど。

なので、友人から『山PのDVD一緒に見よう』と言われて、断る理由はありませんでした。
ちなみにその友人は、山PもNEWSも好きだけどFC未入会、脱退に関しては何も感じていない、という、うーん、なんだろ、ミーハー?と言えばいいのかな?そんな感じの友人です。
そこで見たのが『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 ~エロP~』。
いやあ、さすが山下智久、でした。わたしが好きな山下智久がそこにいました。演出もダンスも歌も、奇跡と言わんばかりに好みでした。文句のつけようがなかった。

……『山下智久への手紙』が始まるまでは。

知らなかったんです、わたし。こんなもの山下智久くんが、読んでいたなんて。もしかしたら当時話題になっていたんですかね、NEWS担やジャニオタのなかでも。まあ、なんにせよわたしにはその情報は入ってきていなかったわけです。
知らない方のために説明すると、
山下くんがコンサート中、スクリーンに直筆の文字をうつし、録音の音声でこの手紙を読みます。この手紙の後、自分の言葉で応援よろしくお願いします(意訳。もっとほんとは長い)、と伝える、という演出です。
以下全文

山下智久
今日お前に言っておきたい事がある。
お前を応援しにきてくれた、大勢の人の前であえて言いたい。
お前はNEWSを辞めた。
お前にもっと6人をまとめる力があればみんなを引っ張る力があれば、ファンをもっと喜ばす事ができたし
お前をNEWSを脱退するということにならなかったかもしれない。
今回の選択を出すまでに
お前は三年以上迷い続けていた。
その上での答えだったよな。
だけどお前が辞めたことで、NEWSのファンの中でお前のことを怒って、ショックを受けて嫌いになってしまった人もいると思う。
そういうファンの人たちに…謝りたかったけど言う場もなく時がすぎた。
お前が器用だったら一人の仕事もできたしこんな気持ちにならなかったはずだ。
3年前初めてNEWSがテレビのバラエティー番組のレギュラーをやることになった。
だけどお前はドラマ「ブザービート」と「コードブルー」を連続でやっていた。
その為お前はNEWSの番組に出ることを拒んだ。
その答えを出したことで、自分自身を責めていたよな。
このままやっていいのか
メンバーに迷惑がかかる
自分にも納得がいかない
普通の人が出来ることでも、お前は出来なかった。
グループと個人の仕事を、バランスよくすることが出来なかった。
だからお前は一人になることを決めた。
そして自分の選んだ道を進み始めた。
それは想像以上に厳しい。
今のお前が一番分かっていると思う。
NEWSの時はオリコンはずっと1位だった。
NEWSの時の山下智久も1位だった。
でもNEWSじゃない、山下智久の今回の曲は一位じゃなかった。
お前はそれが悔しかっただろ?
でもそれを受け止めて、色々なことを感じることが出来たはずだ。
人生は一回しかない。
この言葉を信じて、進み始めたお前のことを応援しに来てくれた今、目の前に居る人達に「この選択をしてよかったんだ」とそう、言ってもらえるように頑張らなきゃいけないんだ。
その為に、口下手で不器用なお前が一言だけ言うんだ。自分の言葉で。』


ふと横を見た友人に「大丈夫!?」と言われました。わたしが泣いてたから。
「ずるいよ、こんなの。ずるい」って、そのあとずーっと言っていました。そのあとのことは正直まったく覚えていません。
悔しかったんです。あなたの味方しかいない代々木第一体育館で、たった一人で代々木第一体育館埋められちゃうくせに、こんなこと言う山下智久、わたしが好きな山下智久じゃない。
ところで、この手紙は、全公演通して行われたそうです。コンサートの演出として。それも悔しかった。脱退は彼を演出する道具になってしまったんだって。そうじゃないって、どこかで信じていたのかもしれない。
この手紙が、たとえば初日だけ、楽日だけ読まれていたら。Mステで読まれていたら。ジャニウェブでつづられていたら。もっと気持ちは違ったろうな、と思うんです。この手紙で、山下君って誰に許されたかったんですかね。

まさか今更、こんな気持ちにさせられるなんて思ってなくて。正直、「もうそろそろ『四人になってカワイソウですね』って売り方はやめないと飛躍できないよな」とか客観的に思っていた気持ちをもうひとりのわたしがぐりぐりしながら「だってこんなのさあ、ずるいじゃん、ねえねえ」ってしてくるんですよ。2012年のDVD今更見といて何言ってんだって感じ。

そんなDVDを見た後のことでした。
加藤シゲアキ著『ピンクとグレー』映画化の続報がありました。映像が、初めて流れたのです。
わたしは今Hey!Say!JUMPにハマっています。だから、TwitterのTLもその話題で持ちきりでした。
そこで、思いがけない言葉を目にしました。
『まだ原作読んでないから、早く読まないと』これは想定内です。JUMP担であれば仕方ないことです。

『まだ原作読んでないなら、読まない方が楽しめるかも』

この発言が思いがけなかった言葉です。それに対して「じゃあ読まなくてもいいか」という流れも、わたしにとっては棘のように刺さりました。
その言葉は、『幕開けから62分後の衝撃!! ピンクからグレーに世界が変わる"ある仕掛け"に、あなたは心を奪われる―』とその情報に記載されていたことが由来です。
原作を読んだことがある人には、もしかしたら…?と分かる情報です。
わたしは、すでに読んでいますから、読んでなかった時の方の面白さは分かりません。でもわたしは、『読まない方がいいよ』なんて言えません。

ピンクとグレーは、NEWSのために加藤シゲアキくんが必死の思いで書き上げたものだから。

JUMP担には「そんなこと知ったことじゃないよ」って思われるのも分かるし、「裕翔くんのせっかくの初主演なんだから、映画はJUMP担のものだ。NEWS担にとやかく言われることじゃない」って思う気持ちも分かるし。
でも、彼が必死に書き上げたものをまるでなかったかのように、踏み台にされるように、そんなふうに言ってほしくなかった。
…NEWS担って、ナイーブなんです。ちょっとだけ、慮ってください笑 勝手なこと言ってますけど。

この発言をうけて『結局、ピンクとグレー、原作読んだ方がいいの?』と言ってみえる方がたくさんいたので、わたしは声を大にして言います。


『ピンクとグレー原作、読んでください。買ってください!』


読んでしまってから『読まなきゃよかった』って思いたくない人はとりあえず買って、映画見てから読んでください。お願いだから、NEWS加藤シゲアキが書いた原作をなかったことにしないでください。

映画を面白く見たいんだったら、せっかくなら『加藤成亮』がどうして『ピンクとグレー』を書くに至ったか、それを知るとより面白いと思います。面白く見る、という点に関していえば。
わたしは、先述の通り、脱退した山下智久くんに「脱退を演出にしてほしくなかった」って思いました。でも、ちょっと安心したんですよね。なかったことにはしてなかったんだなあって。
お願いだからなかったことにしないでください。ピンクとグレーは、加藤シゲアキのものなんです。わたしは中島裕翔くんだって好きです。好きだから飛躍してほしいけど。でも。

そんなかんじで、わたしがNEWSに感じた昨今の感情を文章にしてみました。
最後に、2015年7月号のM誌での加藤くんの言葉を載せときます。

 

――あのときは言えなかった、小説を書き始めたきっかけを教えてよ。
「23才かな、”自分はグループで何ができるんだろう”って悩んでて。ちょう ど、『LIVE! LIVE! LIVE!』のあとくらいに、メンバー内がギクシャクしたことがあって。原因は、おたがいをちゃんと尊敬しあえてないってことだったんだけど。個人個人、 自信があったりなかったり、バランスが崩れてたから。僕は本当にメンバーにおんぶに抱っこだなって思ってた時期で。だから、グループに貢献できるように、 何かアクションを起こさないとって思ってて」
(略)
「もし僕が小説を書き上げたら、グループの未来を変えられるとも思ってた。おこがまし いけど。たしかにグループのパズルが、ちょっとずつズレていってしまってたんです。でも、僕が本を出版できれば、"このグループにいたら、もっともっとお もしろいことが起こるかもしれない"って思ってもらえるんじゃないかって。だけど、作業が進行中に、メンバーが抜けていく決定的な話し合いがあって……。 結局、僕は6人のために何もできなかった。行動に移すのが遅かったのかなって、そこは今も後悔してるかな」
――ふたりの脱退直後に改名、小説を出版と、メンバーが減って最初にアクションを起こした人だと思っている人も多いかもね。
「ですね。でも、本音を言えば反対で。6人のNEWSを守りたくて書いてたんだけどね。止められなかったけど。止めたかったな」