読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

緑のネイルポリッシュとジャニオタと生きがい

久しぶりにネイルをした。火曜の朝帰ってきたら、まず一番にリムーバーで落とす運命になる緑色のネイルポリッシュを買ってきた。そういえば緑色を買うのは初めてだ。
そのネイルが乾かないので、なんとなくブログを書いてみようと思った。

本当はせっかく圭人くんアンケートで担当別に回答をもらったのだからその分析がしたかったし、とりんとりんの年表が作りたいし、マルシゲの年表の続きを年末までにやりますって約束したし、書かなきゃいけないことはたくさんあるのだけれど、今日は誰にも興味のないわたしとジャニーズの話をする。

最近、ジャニーズを見ても元気になれない。
趣味や好きなことに寄り掛かって趣味を生きがいにしたらアブナイ、とよく耳にするし、頭では分かっていたはずだったけれど、どうしても好きなジャニーズを生きがいにして人生を送っていた。
でもジャニーズを好きでいて、後悔したことはない。
ジャニオタになったおかげでバラエティやドラマをたくさん見るようになった。ジャニオタになる以前は俳優・女優の顔と名前も一致しなかったし、クラスの『常識』についていけない時期もあったけれど、今ではジャニーズ一つでどんな話題も広げられるしコミュニケーションもとれる。
わたしはジャニオタを隠さない。恥ずかしいことだと思っていないから。ジャニーズを好きになったおかげで視野や交友関係が広がったし、あと旅行も楽しむようになったし(遠征…)、仕事をしてお金を稼ぐモチベーションもジャニーズにお金を出す目的があるから保てているように思う。
たとえば彼氏がいないことはジャニオタのせいじゃなくてわたしの性格に難があるからなので、ジャニオタやめて彼氏作れという母の言葉にも賛同できないし、ジャニオタを恥ずかしいと思っていないのでジャニーズにお金を割くことが『健康的なお金の使い方でない』というのも理解できない。どうしてこぞってみんなしてジャニオタ辞めたがっているのか分からない。ジャニーズ好きでいることってそんなに後ろ指差されたり恥ずかしいことなのかな。ジャニオタであることをバカにされたことがない、人に恵まれた人生をわたしが送っているだけなのかな。

そのくらい、ジャニオタが染みついていて、ジャニーズを生きがいにしてしまっていたわたしが、ジャニーズを見て元気になれない。
たぶん、私生活がちょっと荒んでいるからだと思う。わたしは不幸だと思われたくない生涯を送っているけれど、最近たまに「わたしちょっと不幸かも」って思う。精神的に参っている。

だから、せっかく好きになったへいせいじゃんぷの輝きが硝子の破片が散っているだけのように感じるし、涙の水面が輝いているだけのように感ぜられるのだ。
へいせいじゃんぷはみんな仲良し横並びです、センターはやまだくんだけど。って9人10脚をしているように見えるし、ファンもそうなんだって言わんばかりだけど、実際足並みそろってないし、でもファンは「ほら、こんなに楽しそうに頑張ってる」って足並みそろってないことを隠そうとする。輝きの上澄みを感じている。そんなことを彼らを見るたびに感じてしまって、へいせいじゃんぷを見ても、楽しいと思えない。

なんて、考えてしまうのは、どう考えてもわたしの精神衛生がよくないせいなんだと思う。でも精神衛生がよくないから、こんなとりとめもない文章書く。
明日夜行バスに乗るまで、久しぶりに何もないお休みなので、ちょっとゆっくりやすんで、気持ちを切り替えて、コンサートで見るへいせいじゃんぷを好きって言いたい。何したら元気出るかな、って考えて、ジャニーズを生きがいにしているわたしはどうしたらいいかわからなくて結局「あまいものかな…」って考えてる。


たぶん明日にはチーズケーキ食べながら『コンサート楽しみ!』って思ってるはず。きっとこんなこと感じているなんて、忘れているはず。緑のネイルはまだ乾かない。