シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

『JUMPing CARnival Countdown2015-2016』京セラドームに舞い降りた岡本圭人くんという名の天使がいかに可愛かったかを大声で伝えたい

元始、岡本圭人は実に太陽であった。真正の天使であった。


どうもこんばんは、でこぽんです。
本当はいろいろ書かないといけない記事があるのですが、忙しさにかまけてまるで何にも手を付けていませんが。
しかし、わたしはHey!Say!JUMPのカウントダウンコンサートに行ってきたのです。書かねばならないのです、岡本圭人くんがいかに天使であったかを!!!

皆様ご存知でしょうか。
30日公演後、圭人くんのうちわだけ売り切れてしまってなかったことを。
31日、グッズ販売開始30分後真っ先に圭人くんのうちわが、そしてそのご立て続けに圭人くんのすべてのグッズが売り切れてしまったことを。
年は変わって1日、梅田ジャニーズショップで岡本圭人くんの写真が1種類売り切れてしまったことを(うちわの写真によく似たものでした)。
そして今日3日、名古屋・原宿でも同じ写真が売りきれ、梅田のジャニーズショップは、二種類を残し圭人くんの写真は売り切れてしまったことを。

…正直、「圭人くんの人気を侮って生産数を絞らないでくれ!」と思わないこともありません。でも、それでも事務所の総定数を上回って岡本圭人くんのグッズ・写真が買われたという事実は、単純に「ファンが増えた・岡本圭人くんのことを魅力的に思う人が増えた」ととらえていいと思います。

そう、元始岡本圭人は実に太陽であった。真正の天使であった。
月でもない、ゴリラでもない。しかし私として此真冬のカウントダウンコンサートの中から生まれた「岡本圭人くんへの愛しさ」が極熱をもよく熱殺するだけ、それだけ猛烈な熱誠を有つていると云ふことを見逃すものではない。
熱誠!熱誠!私共は只これによるのだ。


と、いうわけでして。わたしは、『Hey!Say!JUMP JUMPing CARnival Countdown2015-2016』における岡本圭人くんの天使さを、伝えなくてはならないのです。そう、いま岡本圭人くんがアツいうちに!!!

すでに圭人くんが大好きでコンサートに入った方が「そうそうこんなことあったよなあ」と思うもよし、入ってない方が「こんなに今日も圭人くんかわいかったんだ!」と思ってくれるもよし、少しでも圭人くんが気になった方が「こんなに圭人くんってカワイイの!?次のコンサートは行きたい!」と思うきっかけになってくれてもよし、読んでいただければありがたき幸せです。

わたしが入ったのは、30日と、31日2部のみです。31日1部は、入った友人から聞いた話をちょっとします。
先に断わっておきますが、でこぽんはメモをしない果物です。詳細な一言一句たがわぬレポがしたいのではなくて、「ここの岡本圭人くん爆発的天使力だった」という話だけします。そうです、「これは確か30日のこと…」ってあいまいなこともあります。「どっちでやってたかわかんないし何の曲でやってたかもわかんないけどめっちゃかわいいから伝えたい」って話もあります。ご了承ください。


主語がないものは全部圭人くんの行動です。

・(30日)JUMPingCAR 「今日は無礼講で」を「京セラー!」と変更して煽り。そういうことあまりしてる印象がなかったのでちょっとうれしかった。

・(31日②)ビバナイ ケイト!ケイト!のところは耳に手を当てていたけれど、最後オカモトケイト!のところでチュッっと投げキッス。め、珍しい…!!!!!!!好き…!!!

・(30日)スパデリで圭人くん、髙木くんにくちびるを突き出してハグ。髙木くんは嫌がってたけど最終的には受け入れてた。髙木くんにはグイグイいくところ、天使。

・(31日②)セブンコーナー圭人くんソロ『Higher』で、待機中の暗がりの中、全方向にお手ふり。かっこよく曲を決めた後もお手ふり。知念くんの「おおきくなーれ☆ボク」を口ずさみながら両手指をたててリズムを刻みつつ、暗闇でまたお手ふり。天界からのご褒美のお手ふりかと思った。

・(30日)MC。「上の方、落ちちゃわないか心配になるよね」とスタンド上段を見上げて心配しだす。そうしてファンのことを心配してくれるところ、天使。

・(31日②)MC。今年やり残したこと
知念「スパデリの、圭人と向き合うフリで、じゃんけんで遊んでる。昨日は引き分けで、今日の1部は僕が勝ったの。でも今日、圭人てんぱったのか、指一本なの!」
光「圭人の負けだな。また圭人のことなんだけど、圭人番組で話すとき、ウィンナーもって話す手の動きしてるよね?雪だるま作ってたり」
圭人「あれ?Body Language」
伊野尾「英語ですべった!」
圭人「でも、嫌いじゃないでしょ?」
はい、もちろん大好きです。『嫌いじゃないでしょ?』という言葉選びが天使。もちろん知念くんとじゃんけんしたり、ボディーランゲージしている圭人くんも当然天使。

・(30日・31日②)314の時計終わりのFever、着替えてあとから出てきた山田くんと圭人くんの二人が、「Fever!Fever!」と煽り始める。30日はお互い体をのけぞらせあって笑いあってた。31日②は二人で花道の真ん中を笑いあって走りながら煽ってた。かわいい。「最後まで、Feverしていこうぜ!」かっこいい。

・(31日②)キミアト 「そばにいるけど」を、光くんに「そばにいるよ」とかっこいい声で囁く。光くんは変顔して逃げてしまったけれど、満足そうな笑顔の圭人くん。

・(30日)キミアト「I'm No.1」(31日②)「俺が一番だ」

・(31日②)年明けの瞬間「あけましておめでとーーーーう!」あ、そこは英語じゃないのね、かわいいからいいです!

・(30日)UMP 裕翔君がお手ふりファンサをしているうしろからそっと近づきハグ。裕翔くんの右肩に頭をのせると、裕翔くんから頬にチュッっと反撃。

・(30日・31日②)UMP 「2015年!岡本圭人、(メンバーの名前を指さしながら呼んでいく)ありがとう、来年もよろしくう!」31日②は「2016年、(メンバーの名前呼ぶ)、そして岡本圭人、宜しくお願いします!」

・(30日・31日②) ベリハピ中挨拶 「みんな楽しかったですかー! JUMPのみんなも楽しかったよね!?」とJUMPメンバーに同意をもとめる圭人くんかわいすぎる…。

・(31日②)アンコール(サムピンかな…) 外周を手を振りながら走り回っていた圭人くん、猛スピードで走って行ったかと思ったらまた戻ってくる。に、二週目…?!ファンにに会いに行くためにそんなに走ってくれるの…?!天使の羽でも生えてるかってくらい速く走って戻ってきた。スキップしながら軽快に飛んでた。

・(31日②)Wアンコロミジュリ前 「サルといえばこの人にやってもらいましょう」「サルの親戚」と光くんが指名し、「もっとやりたいかーー!!!!」「もっとーーーー!!!!」「もっとーーーーーーーー!!!」ととっても煽る。
こうして圭人くんが煽りに選ばれることって今まであまりなかったように感じているけれど、今回はchau#外周お手ふり中も「たのしんでますかあー!」と煽っていたり、前に書いたFever、UMPでも煽っていたり、ほかにも確か煽っていたような…(記憶にない)。こうして、彼が目立つところが目に見えて増えたな!と感じたコンサート。

・(31日②)Wアンコロミジュリ 山田くんと外周追いかけっこ!圭人君が先に走って行ったものの、「Stop!」の歌詞のところで両手を突き出して止まり、山田くんを止めようとする。しかし山田くんは止まらず追い越して行ってしまう。しかしバクステで疲れたのか倒れこみ、それを心配そうに見下ろしていたものの、一緒に寝ころび、お顔を見合わせて歌いあう。そしてバクステ側のカメラにお顔を向けて二人でにっこり。ロミオとジュリエットはここにいたんだね?と思っているうちに立ち上がって、また追いかけっこ。

あと今回は、どの曲、ということも難しいのですが、抜かれる回数が非常に多くて。カメラに抜かれていることに気づくとウィンクしたり小首をかしげたり、ピースをしたり、すごくカメラアピールが上手になっていて感動。


そして特筆すべきは、『3月14日~時計』。ツアーでも恒例となっていた、全員でのMCあけ、二人だけでMCをします。ちなみにツアー中の二人はこちらにまとめてあります。

【山田涼介・岡本圭人の】『JUMPingCARnival』公演『3月14日~時計』前MCまとめ・ 考察【漫談】 - シラヌヒの木のしたで



【30日】

山田くんと圭人くんを残してほかのメンバーがはけていく際、「ドームだぞ圭人」「頑張れよ」と声をかけていく。
圭人「OK、まかせてぇ! 京セラのみなさん、楽しいですかー!(煽り。観客が声を出していく)スタンド! アリーナ! スタンドの~そこ! いっこうえ! ほそいところ! いっこした! 三階!」

圭人「すごいよね、明日何してるの?って聞かれて、四万五千人が『JUMPのカウントダウン行くの』って答えるの」
山田「そうだね……独特だなあお前」

山田「俺、横アリで最後だと思いながら歌ってたら気持ちよくなってきちゃって、マイクはずして近づいて歌ったのに」
圭人「今日はどこまで近づいてくれるのかなあ?」
山田「やめろゴリラ!」
圭人「やめてよっゴリラがかわいそうでしょ!」
山田「そっち??」

圭人「そうだ!グラスホッパー見たよ、本当に良かった」
山田「ありがと」
圭人「俺、初日に見に行ったんだよ」
山田「こいつファンにまじって!」
圭人「一席だけ空いてたから一人でぽつんとみてた。そうだ、やまちゃん蝉の顔やって!」
山田「え、まじかよ(戸惑いながら)、みんな、ひかないでよ(おでこに両手を当てて寄り目で唇とがらせる)」
圭人「からのいつものかわいい笑顔!」
山田「(ふにゃんとした笑顔)」

圭人「そうだ、今年一番よかったことは?」
山田「お前今日よくしゃべるな」
圭人「ドームだからね。ね、一番幸せだったことは?」
山田「今お前とここに立ってることだよ」
圭人「……俺もそれ言おうと思ってた?」
山田「フゥ♪」

山田くん、大サビアカペラ部分をいつも以上にタメるな、と思っていたら、テレて困ったように吹き出し笑いしながらマイクを手に取り近づき、圭人くんの肩を組む。二人できれいにメインステージの画面にはまり込む姿は圧巻。山田くんは「来年のこの日も」までは歌えていたのに、「一緒にいようよ」を照れてしまったのかいえずに圭人くんの顔を見て破顔。「ずっと…」はなんとか歌え、最後暗転中ハイタッチ。


31日1部では、友人から聞いた話ですが、
30日に「細いところ!」と言っていたのを
圭人「まって、覚えたよ?ビスタ席ーー!!」と煽っていたようです。
わたし「ビスタ席(という空間)になりたい」と頭を抱えました。覚えたのねよしよしかわいい。

そして、山田くんから「冗談抜きで言っていい? 年間250日会ってる」という衝撃の事実が告げられた回でした。さ、さんぶんのいち以上…!?

31日2部

圭人「眠い人ー?」
客の2割ほどが「はーい」
圭人「ここはシーンとなってほしかったなあ…(しょんぼり)」

圭人「アリーナ!スタンド!ビスタ!やまちゃーん!」
山田「俺かーい!!!」
圭人「ねえ山ちゃん、今日カウコンじゃん。東京では、コラボとかやるでしょ?俺やまちゃんとそういうことしたい。とけいじゃなくて」
山田「俺もそれい言おうと思ってた!(ドヤ顔」
圭人「さっき楽屋でやってたやつは?」
山田「あれ!?わかった」
圭人「やっべー!緊張してきた!」
山田「弾いてテンポ教えて」
圭人「(弾き始める)」
山田「わかった」

愛のかたまりサビ披露。
山田「思い切り~」
圭人「クリスマス~」
山田「明日の朝も~」

山田「…俺、今から歌うんだけどな!」

今回の大サビアカペラ部分、タメはそれほどなかったものの、大サビ終わりに「にやっ」と笑い、マイクを外す山田くん。そして圭人くんに近づき、おでこごっつんこ。圭人くんは困ったようなときめいたような顔でお目目をくりくりさせる様子がカメラに抜かれている(山田くんは圭人くんの顔を覗き込むようにしており、カメラに映っていない)。最後ヒキで二人がうつり、「来年のこの日も」までは歌っていたがそのあと「ずっと一生にいよう」と圭人くんに向かって言葉で伝える山田くん。圭人くんも「ずっと一緒にいよう」と返し、暗転中ハイタッチ。

この『3月14日~時計』、わたしがもう何も解説を付けるまでもなく、かわいい。ひたすらかわいい。ツアー中にも感謝したけれど、山田くん、本当にありがとう。

ここからは個人の感想なのですけれど、
わたしは、先に載せた記事の通り、3月14日~時計、ショックでした。圭人くんのソロがなかったから。今回、彼のソロを初めて聞けたのが31日2部、「愛のかたまり」でした。
個人的に、愛のかたまりの歌詞に存在するいろいろな愛を示す言葉の中で、わたしは「クリスマスなんていらないくらい」という表現が一番好きです。その部分を、圭人くんののびやかで優しく、それこそクリスマスなんていらないほどの大きな愛がこもった歌声で聞くことができて、感動しました。まさか、最終日に圭人くんのソロがやっと聞けるなんて。
「明日の朝も愛し合うよね」という山田くんの言葉を聞きながら「明日も明後日も、圭人くんのことを愛してやってね、仲良くしてやって」と強く感じました。
以前は、恨みました。どうして話し合ったからって、ユニット曲なのにソロ部分なくしちゃうかなあって。Yahoo!NEWSの記事に「山田涼介のソロ曲」なんて書かれちゃうような曲(これ一生根に持ち続けます)、ユニット曲にしたかなあって。山田くんに怒りを覚えたこと、この曲に関してだけ言えば、正直何度もあります。

正直、愛のかたまりを歌っていたその瞬間、マイクを外したその瞬間、ファンは置いてけぼりで、ステージから二人まるで切り離されたように感じました。「あれ?これ圭人くんに歌ってるの山田くん?」と思っていたら最後ほんとうに圭人くんに「ずっと一緒にいよう」と言ってしまうし。最初のけいとだったのかこの歌は。

250日も一緒にいたんだもんね、これからも圭人くんのかわいいところ、かっこいいところ、引き出してね。いつも感謝してます、山田くん。



愛のかたまりがとんでもない衝撃だったので、つい愛のかたまりだけ別個で感想書いてしまいましたが(あなたも想像してみてください、自担所属ユニットに愛のかたまり歌われることを!5日は余裕で引きずれますから!)、コンサート中のかわいい圭人くんの言動、少しでも伝わりましたでしょうか?愛のままを書きなぐった、拙文ですみません。


そう、岡本圭人くんって実は、こんなにかわいいんです!