シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

ピンクとグレー映画を見てきました<ネタバレ有>

ピンクとグレー、見てきました。

以前こんな記事を書きました。

『ピンクとグレー』映画化ついての雑感 - シラヌヒの木のしたで
元来映画を見ることは好きではないうえに、いまだに映画化という事実を消化しきれていない身だったので見に行くか迷っていたのですが、「見ないなんてないから」と、お友達を誘って初日に見に行きました。

先述のような記事を書くほど、加藤シゲアキ君のことが大好きです。ただ、映画化についてまだ消化できていなかったので、監督と加藤くんのインタビューはまだ読んでいません。読んだら感想変わってしまうかもしれないので、変わらないそのままを、書きます。
加藤くんが大好きだから、映画のこと褒めたかったんです、原作が大好きだけど、それでも映画のことを褒めたくて見に行きました。信じてください。

以下からは原作・映画両方のネタバレありきで感想を書きます。
正直に書きます、褒められませんでした。

もちろん好みの問題もあります。むしろ好みの話が大半で、原作が好きだからこそこういう感想を持ってしまった、というのが正しいです。原作の先入観がなければ、どういう感想を持ったか、原作をすでに読んでいるわたしにはわかりません。
誰かに共感してほしいわけでも、糾弾されたいわけでもないのです。楽しい気持ちだけをできれば発信していきたいです。ただ、気持ちの整理がつかないので、そっと書き記しておきます。

<以下ネタバレ>

 


『この映画、何を主題にしてたの?』

観終わってすぐ感じたことでした。
結局、この映画の根幹はなんだったのか。何を描きたかったのか。

原作とは違うものだと思って見た方がいい。そう皆さんが口をそろえて言っていたのは知っています。

開始62分後の衝撃。正直、原作を読んでいたわたしとしては衝撃もなく「やっぱりな」という感想。最初にそのキャッチコピーが打たれたとき真っ先に思いついた展開。劇中劇。
原作でも途中から、りばちゃんが書いた自伝をもとに映画化が決まり、映画の撮影シーンがありますから、やはり衝撃にはなってくれませんでした。正直、「そうじゃなかったらいい」と思っていたくらいでした。

そしてその62分後から、確かに全くの別物でした。いや、正確にはその前から別物だったのだけれど。
だからつとめて「この映画は別物である」と思って見ました。それでも、ちらつく原作のアイコン。しかもそのアイコンが一つも意味をなさない。

一番大きくそれを感じたそれは、「デュポン」と「キャバクラのライター」。
原作では、それは確かに「デュポン」と「ラブホのライター」(原作ではラブホのライターでした)でなくてはいけないものでした。

原作では「デュポン」は「香凛」、「ラブホのライター」は「サリー」、そう対比されるための大事なアイテムでした。映画では、二人の地位を示すためのものにすり替わり、全く意味をなしていない。
なぜなら、映画ではその対比が成立しないから。ごっちは原作のようにサリーと付き合わない。芸能界に身を投じたごっちが、サリーを捨てて香凛を選ぶ描写がないから。だからその対比は成立しないのに、原作のアイコンだけ残ってしまった。相当な違和感。なので映画の最後に投げ捨てられたとき、本気で「しょうもな」と思いました。映画の最後に投げ捨られるほど、大切なアイテムとはなりえていない。原作から惰性で残ったアイコンを。そう思えました。

そしてその「香凛」もちらりと登場こそしましたが、あれが示した意味とは。それこそ原作から惰性で残ったアイコン。
デュポンとキャバクラのライターを対比させられなかったのは、『ごっちがサリーと付き合わなったから』に他ならない。その付き合わなかった理由は、『ごっちが姉のことを愛していたから』に他ならない、あのエンディングからはそうとらえられます。
では、香凛とは? 自殺するほど姉を愛していた彼が、なぜ香凛と付き合ったのか?芸能界になんの苦痛もなかった彼が?

そしてどうして最期をりばちゃんに看取らせたのか。六通の遺書の意味とは。六通の遺書こそ、中身が空けられることもなく、原作からただ残っただけ。りばちゃんに選ばせる理由もなさすぎる。

だって、彼らには愛も恋もなかったのだから。

お互い、ごっちとりばちゃんは分かり合えなかった。愛も恋もそこにはなく、あったのは結局「ごっちの姉への愛情」それだけで、それだけでりばちゃんの人生はめちゃくちゃにされてしまった。

結局、何を主題にしてたの?河田大貴の人生が、圧倒的大スター白木連吾にぶちこわされた苦悩を描きたかったの?中島裕翔と菅田将暉の苦悩を描いたイメージビデオだったの?



無駄な原作アイコンだけが残って、原作と切り離すこともできない。
原作のように、大きな一本の、壮大な根幹があるわけでもない。



わたしは、原作が好きだって、思いました。
愛とか恋の類ではない、二人の友情が。二人の苦悩が混ざり合い、分かり合えたときの美しさが。
この映画には、二人の友情がまるでなかったことにされていて、本当に悲しかった。
そう、この映画が描きたかったのは「ごっちとりばちゃんの友情」ではなかったのだから当然です。
結局、友情の描写は軽薄で、その軽薄さと原作との齟齬がひどくて、そのくせ彼らの友情という愛でも恋でもない感情でないと許されなかった原作での表現がそのまま残っていて、彼らの友情なしにはありえない表現ばかりで、観ていてまったく釈然としませんでした。
原作にとっての根幹だった「友情」をそぎ落としたばかりに、すべての原作から残ったアイコンが浮き上がり、宙ぶらりんで、見ていてひどく気持ち悪かったです。


この映画に、美しさはなかった。懊悩と悲しみしかなかった。
ごめんなさい、映画のこと、好きになってあげられなくて。わたしの好きな映画では、なかったです。