シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

【シンメじゃないけど】薮宏太くん・伊野尾慧さん入所15周年おめでとう!【腐れ縁】

薮宏太くん・伊野尾慧さん 入所15周年、おめでとうございます!!!!ありがとうございます!!!


どうもでこぽんです。わたしは紆余曲折の末今は岡本圭人担を名乗っていますが、実はHey!Say!JUMPで一番好きなコンビは「やぶいの」、薮くんと伊野尾さんのコンビです。え、なんで?自担のいるコンビじゃないの?と言われても困るのですが、それほどやぶいのには魅力があるということです。そんな二人がジャニーズ事務所へ入所して、こうして15年一緒にいてくれた奇跡に感謝したくてブログを書きました。

薮くんと伊野尾さんは、オーディション会場のエレベーターで出会いました。お互い初めて出会ったジュニアです。伊野尾さんは「この子(薮)についていけば会場に行ける」と思ったそうです。薮くんは伊野尾さんを「育ちのよさそうな子(という印象)。フラワーを口とんがらせて歌ってて、ヒヨコみたいでいのちゃんを覚えた」と。このことについて、薮さんは「腐れ縁とはこのことか」と言っています。

お互いジュニアでは別のグループに所属し、薮くんにはシンメである光くんがいました。それに加えて伊野尾くんは薮くんや光くんのいる堀越高校を選びませんでした。お互い立っている場所は違った二人。それでも最終的に同じグループに所属している二人はまさに「腐れ縁」。
シンメとは違っていて、お互い対の位置に立っているわけではないのに、どこかでつながっている。わたしは、シンメとは「定められた運命」だとしたら、やぶいのは「いたずらな運命」だなって勝手に思っています。笑

わたしがやぶいののエピソードの中で一番好きなエピソードは、2013年のJUMPカレンダー『メンバーへの宿題』というコーナーで、
伊野尾さんへ「今のままでいてほしい。メンバー内で、いのちゃんにしか話せないことはかなり多いから」と綴った薮くんです。まさに、シンメである光君にも言えない「腐れ縁」の関係性がこの一言に表れていると思っています。

わたしが思うに、2013年くらいまでは本当に仲が良くて、MVのメイキングには必ずと言っていいほど二人がじゃれあう姿が映っていました。それがなくなってから、薮くんと伊野尾くんが仲がいいということを知らない人も増え、「やぶいの」が好きというファンはあまりみかけなくなりました。もちろん「やぶひか」「いのあり」を好きな人が多いことも要因でしょう。

話がそれましたが、ではどうして二人がそれほど絡まなくなってしまったのか。もう伊野尾さんにしか話せないことなくなってしまったのかな?と思ったこともありました。2014年のWUでは薮くんが「昔はよく遊んだ」と言っていたりしたのでもう遊ばなくなったからとか、いやでも伝説の王様のブランチでは(やぶいの好きの中では伝説と化しているはず…)、2014年6月の同時期にTBSでドラマをやっていた二人が王様のブランチで番宣を行った回ですが、本当に仲がいい様をみることができたし…。と考えているうちに、ある結論に至りました。

薮くん、年を追うごとにツンデレ増してない……????

真夜中のシャドーボーイのメイキングでも「お前何でカメラが来るとさ、俺のこと嫌いになんの」と伊野尾さんが言っていることや、
薮くんが以前雑誌で(2008年のD誌。たぶん11月号…)「伊野尾はマイ・フィアンセって感じ!?だって、あいつ、オレのことすっごく大好きなんだよ。ほら、今これを話してるときだって、遠くからずっとこっち見てるじゃん(笑)」 と言っていたのに対して「薮がフィアンセって言ってる?うぜー(笑)でも、あいつ、ツンデレなんだよ。」と伊野尾さんが返しています。

わたしが見るに、薮くんって、ほかの人にはツンデレではないと思うんですね。「伊野尾さんにだけツンデレ」なんですよね。

地方局での宣伝の時(2015年10月)も薮くんが「お休みの時もメンバーに会いたいな~って」 なんてメンバーにデレているのに、伊野尾さんに「そんなこと思うの…?」 と言われ、「おい!まぁ確かにお前の顔は思い浮かばない」 と伊野尾さんにはツンしていたり、
車コン(2015/10/10・1部)では「伊野尾は割と好きだけど割と嫌い」デレたかと思えばすぐツンする薮くん。
2016年ROLA3月号で伊野尾くんの萌えポイントを聞かれた薮くんは 「ないですよ、萌えポイントなんて(笑)確かに最近は先輩方からも『かわいい、かわいい』って言われてますけど、僕は同期で14~15年の付き合いなんで、もう腐れ縁みたいなもの。だからひねくれた伊野尾をいっぱい知ってるんです(笑)」伊野尾くんに萌えポイントなんてない!とツンしておきながらの「伊野尾のこといっぱい知ってるアピールデレ」が見事に決まりました。ダブルアクセルです。見事な着地です。
あと最近のD誌(2016年8月号)では「知念もうちに遊びに来ると、よくソファーの上に寝転がってオレの太ももの上に足を乗せてくるんだよ。伊野尾がそれをやったらキレるけど、知念だから許しちゃう(笑)」 と>>突然の伊野尾へのツン<<という荒業です。

メディアの前では伊野尾くんにツンしてしまう気持ちが、「伊野尾くんのかわいい売り」が増えるにつれて増していったんでしょうかね…?真相はわかりませんが、わたしはこんな、「伊野尾くんにだけツンデレしてしまう」薮くんが好きなんです。それを「薮だから仕方ない」と受け入れている伊野尾くんが好きなんです。
あとは、伊野尾くんが薮くんのツンデレを受け入れる一方で、薮君に対しては雑で強気に出れるとこも大好きです。嵐のワクワク学校2015で、大阪公演終了後、ホテルでシャワーを浴びていたところ、薮宏太から電話がかかってきて「どこにいるんだ? 何してるんだ?」としつこく聞かれ、「うるせーな! 部屋だよ!」とちょっと怒って返答したところ、電話の相手が松本くんだった、というエピソードですが、薮くんからの電話にシャワー中でも出るんだ(以前2008年頃は「やぶからの電話には絶対出る・薮の電話を取り逃したことがない、と言っていました)…そしてしつこく聞かれるまで疑わずにいた伊野尾さん…そして薮くんへの怒り方…と、まさにやぶいのの伊野尾さんはこれだ!というエピソードだなと思いました。

以前は「いのちゃん」と呼んでいたこともあった薮くんですが(今でもたまに呼んでるけど)、最近はめっきり「伊野尾」呼び。これってJUMPの中では薮くんしかできないことです。
伊野尾さんも「やぶ」(というか、「やぶぅ」)と呼びますが、これは光くんと伊野尾さんだけです。時折ぽろっと甘やかすように「やぶちゃん」と呼ぶのも素敵です。そういえばずいぶん昔は「宏ちゃん」なんて呼んでたこともあった気がしたけど気のせいですか…。

シンメとは違うけど、幼いころから一緒がゆえに、他のコンビとまったく違う関係性を築いている二人のことが、大好きです。

ポポロで9周年のメンバーへの感謝状を書いていた時の薮くんの言葉でしめたいと思います。おめでとう、これからも好きです!
「いのちゃんと俺の腐れ縁はこれからも終わることはないでしょう。」



(このブログを書くにあたって頭を整理したくて年表を作ったのですが、もったいないので載せておきます。エピソードとかではなく、「薮くん」と「伊野尾さん」に起きた実際の出来事の変遷年表、というだけです。15年の道のりをなぞりたいときにでもご利用ください。抜けあり・見づらい・メモ程度です)

f:id:ponkandekopon:20160923001605p:plain

f:id:ponkandekopon:20160922032043p:plain

f:id:ponkandekopon:20160922032051p:plain

f:id:ponkandekopon:20160922032213p:plain