シラヌヒの木のしたで

関ジャニ∞丸山隆平君とNEWS加藤シゲアキ君のコンビを応援するブログです。

『東西SHOW合戦』が最高すぎたので演出、セットリスト、(SixTONES)松村北斗くん、(関ジュ)室龍太くん向井康二くんを死ぬほど褒めてDVDを発売させたい

『東西SHOW合戦』をDVD化しないことは経済的損失だ!!!!!!!!!!!いまわたしは単純に経済の話をしています!!!!!!!!!!!!!!

~東西SHOW合戦がDVD化されることで起こる経済的効果の一例~

・公演に参加して満足、公演に参加できず見たかった人が購入→購入していない人と鑑賞会を行う→新たな購入層(新規ファン)が生まれる→新たな購入層が本公演出演アイドルの他出演作品を購入する(ex.サマパラ、パリピポ)【経済効果が生まれる】

・DVDが発売されるほどの素晴らしい作品であることが認知される→話題になり検索等で認知度が上がる→認知度が上がることで、地上波テレビ出演・雑誌等で本公演出演陣を認識する間口が広がる→購入層(新規ファン)が増えるきっかけとなる→購入層がDVDを購入する【経済効果が生まれる】

そう、まずはDVDを出さなければ始まらない。DVD発売と書いてこれを革命と読みます。発売し購入されてこの永遠のテーマは新橋演舞場から始まるのです!!!!!!!!!!!!!!!!
おわかりいただけましたでしょうか、この記事が経済の話であるということを!!

……という本気の冗談はさておき、知らない人がこの記事を読む可能性をを踏まえて一応説明しておきます。
『東西SHOW合戦』とは!
関東ジャニーズJr.SixTONESジェシー京本大我松村北斗、田中樹、高地優吾森本慎太郎)と関西ジャニーズJr.四人(グループ所属なし)(西畑大悟、大西流星向井康二室龍太)が、新橋演舞場で繰り広げた熱い【戦い】(と書いてコンサートと読む)(新橋演舞場で『コンサート』は初)のことである!

というわけで、タイトル通りめちゃくちゃに『東西SHOW合戦』のことを褒めたいと思います。

【演出・セットリストを褒める】
セットリストはこちらになります。
Twitterにアップしたらわりと拡散されて焦ったものを、(間違っていたのと新たに判明したことも含めて)ちょっと直してあります。

f:id:ponkandekopon:20170226220616p:plain
私がジュニアの現場(コンサート)に入ったのは今回が初めてでした。
そのため、ジャニオタクソDDとは言っても知らない曲も多いので、上のような画像を使って勉強してから参戦することにしたのですが。
このセトリを見てまず驚きました。すごいセトリだな!?と。セットリストを見ただけで「どういう構成にしたいのか」わかる。
まさに『東・西との合戦』。熱い戦いを彷彿させるセットリスト。そして実際に生で見て、まさに『熱い戦い』を感じたのでした。

まず、SixTONESオリジナル曲『IN YHE STORM』でSixTONESが六人登場。次に6人がはけ、関西ジャニーズJr.オリジナル曲『BIGGAME』で関西ジャニーズJr.4人(ここからは便宜上『関ジュ』と呼びます)が登場。双方ともに「とびきりかっこいいオリジナル曲」で自分たちをアピールし合戦前の緊張感を感じます。

そこから『浪速一等賞!』、『weeeek』、『好きやねん大阪』、『Ho!サマー』という関西、関東、関西、関東、という楽しい曲のメドレーが全員で行われ、楽しいながらも関東と関西の戦いがこれから始まるぞ…!という臨場感を感じます。ここで、このコンサートのための新曲「SHOW&SHOW」が披露されます。まさに戦いの開幕ですね。

そして$10ではSixTONES得意のバスケ演目、NEXTSTAGEでは関ジュがフラッグ演技で応戦します。そしてジェシー・京本の新曲を挟み『I・ZA・NA・I・ZU・KI』(SixTONES)、『誘う』(関ジュ)、というこちらも関東と関西の曲で、着物をきた和風の演目。
雅を全員で行ったあとは、東西混合でユニット曲コーナー。『愛を叫べ』では高地・西畑が「愛を叫ぶ対決」ということで、間奏中に「愛のセリフ」を叫びどちらが良かったか競います。猫中毒では松村・京本・大西でまさに「可愛い対決」、『Striker』ではジェシー・田中・森本・室・向井が曲になぞらえてボクシングのようなダンスで「かっこいい対決」。そこで西畑くんのソロ「星をさがそう(関西オリジナル曲)」を挟み、鉄のこん棒を使った群舞をバックJr.も含めて行い、戦いの熱いボルテージは最高潮に!

ここで、この公演最大の肝『コント』が行われます。
入っていない公演のレポをここまで楽しく見たのは初めて!というぐらい、参戦する前もネタバレを覚悟でこのコントのレポは隅々まで見ていました。めちゃくちゃに面白い!
関東と関西の対決、ということで関西側に有利なのでは?と思っていたけれど、そんなことは全くなく、SixTONESがまあおもしろい!大西も「SixTONESは関西寄りで面白い」なんて言っていました。関西のギャグセンスに食らいついていった6人は最高にかっこよかったです。ただ、ここでの室はすごかった…(この話はあとでします)

話の流れとしては、
母の室、兄のジェシー、弟(高校?)の田中、弟(5才)の森本、祖父の向井、という家族の『家族コント』の体裁をとっています。そこに警察官西畑、不審者妖精大西、スーパースター京本、そのマネージャー高地、街一番の美人松村が加わり、『宝くじ』を巡ってすったもんだする、という流れです。

このコントの面白いところとしては、室一人がツッコミで、あとはひたすら自分のキャラクターを生かしその日ごと日替わりでボケまくる、というところ。街一番の美人松村さんのは、女装していることを生かしてスカートめくって脚見せつけてくるし…。その日ごとにとんでもないセクシーが飛び出す松村さん…!

そのコントの格好のまま『Jumpin'up』をSixTONESで行い、次に関西ジュの新曲『Bring it on』披露。
披露後、ここからまさに熱い戦い!SixTONESのコーナーと関ジュコーナーが始まります!!
『シャレオツ』~『Be Crazy』まで、SixTONESSixTONESらしいかっこいい楽曲でコーナーを作り上げます。
ここで『Kis-My-Me-Mine』~『Super sonic』のバックJr.コーナーを挟み、次は関ジュコーナーです。
関ジュは関ジュらしく、『SAMURAI』の曲とともに侍に扮し、毎公演日替わりの『試練』(タライ落とし、ロシアンシュークリーム、足つぼ縄跳び)を乗り越える関西色あふれるコーナーです。試練が成功すると『Happy Happy Lucky You』、失敗すると『×~ダメ~』と曲が変わるのも関西らしい。そして大西が「侍やめてアイドルに転職する!」と言って着替え、『2nd Movement』で締める。

コーナーが終わると、日替わりで東と西から一人ずつが「夜空ノムコウ」を。その後SixTONESの新曲『Amazing』を披露し、また東西混合のユニット対決へ!
アンコール前には『LOVE』という曲で円になり、良い戦いの後に握手をするかのようにさえ見える演出で、一度幕が下ります。

最後もう一度幕が開き、『SHOW&SHOW』。最初に披露されたときには開幕の火ぶたを感じましたが、ここでは戦いの後お互いをたたえるかのようなすがすがしささえ感じました。

何が言いたいかというと、『始終東西の戦いを意識したすばらしいセットリスト』であったということ!!!!!!!!!!!
そのうえ捨て曲など一つもない。歌う人が変わりセット転換や衣装変えのための「必要ない曲」が存在しない。登場する人が変わるとき、衣装替えの時、セット転換の時に自然に見えるような流れになっているのに、きちんと東西は意識されていて、東で行った、しかも西のほうが人数が少ないアウェーな戦いであったにも関わらず、東西同じ熱量で戦えていたこと。こんな素晴らしい戦はほかにないと思います!!!!!
コンサートに参加することを『参戦』と言いますが、まさにこのコンサートは『参戦』。再戦、期待してますからね!!!!!!

松村北斗くんを褒める】

松村北斗くん(SixTONES)のこと好きすぎて好きなところ全部羅列してみただけの記事。 - シラヌヒの木のしたで


こんな記事を書いたくらいなので今回は白いペンライトをもって参戦。
北斗くんえっちかよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!?????
って100回くらい叫んだ。心の中で。うっかり口に出てたら左隣のおとなしい北斗担さんごめんねひかないでね。

それこそ少クラで何回も見た『IN THE STORM』だったわけですが、もう「うっウワ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~生で見る北斗くんエッチだ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!」って悲鳴を飲み込んだ。
やばい。一挙一動セクシー。どうしよう。和風メドレーの時、厚い胸板に思わずドキっっとして「あ…無理…胸板…着物…胸板…あつい…かっこいい…好き………」って双眼鏡でガン見した。
と思ってたら猫中毒で猫耳リボンついてるしっぽつけてきて「ぎゃあああああああああああああああああああ」ってなった、ごめんこれは心にとどめられなくて口から悲鳴出た。寝転んで頬杖ついて脚ぱたぱたしだして、「あんなクールぶった男の子がこんなあざとくていいの誰に許されてこんなにあざとかわいいの!!!!!!!!!!!!!!!」って双眼鏡たたきつけ…てない。双眼鏡で穴が開くほど見た。

穴が開くほど、といえば、コントでの街一番の美人松村さん。あれ、穴が開くほど見たしたぶんそろそろ松村さんどっか穴あいてない?みんな穴が開くほどみたでしょ??????わたしだけじゃないじゃん????????
ああいう女のひといるよ。美人だしセクシーだしちょっと意味わかんない。かわいい。しかもすこぶるエッチ(赤い紐パン持ってくるし履こうとするし)。スカート自分でめくるし。膝の下にあるかさぶたもガン見した。本当は男の子だからごつめの脚もガン見した。でもすらっと立ち姿が女性なんだよ、街一番の美人と言われても疑わないたたずまいで最高なんだよ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
街一番の美人松村さんをDVDに残さないとかちょっと世界のバランスが崩れてオタクが全員死ぬから早くDVD化してほしい(ここまで一息)。

あと、テレビで見たときも思ってたけど、キメパートの(IN THE STORMの『君は見える』とか)を双眼鏡で見てるとぐっっっっっておなかのあたりけられたみたいな感じがしてやばい。松村くん、生で見るとセクシーがすぎて双眼鏡通り超えておなかのあたりにボディーブローくる。えっ北斗担っていつもこの痛みに耐えてたの?すごくない????ロキソニンでも常備してるの?????????
そしてテレビで見れないところももちろん見れるわけで。一挙一同何しててもセクシーで…あ~~~ダメだ語彙が…語彙がない…「きみは松村くんのことがすごく好きなフレンズなんだね!すごーい!たのしー!!」ってことで一つ……

室龍太くん、向井康二くんを褒める】

今回『東西SHOW合戦』に参戦するにあたって、強く心に決めていたことがあります。
「関ジュには絶対はまらないぞ」と。

それもこれも関西にいた唯一の推しが退所した(だけじゃないけど…)ことが理由なのですが、正直、正直言って「まあ大丈夫だろう」とたかをくくっていたところはありました。
全員名前と顔は一致していたものの、特に今まで興味もなく……。ちょうど先日、友人に「少年たち2009」を借りてみたときもなんにも感じなかったし……。

って思ってたよね。思ってた。『BIGGAME』始まったときも思ってたし、そのあとの流れも双眼鏡で北斗くん見てたし……。
NEXT STAGE始まったあたりで「あれ?」って思って双眼鏡持った。「あのダンスかっこいい人誰だ?」とのぞき込んだら向井くんだった。
「……えっなにダンスあんなにキレいいの、かっこよすぎない……?」
動揺して双眼鏡置いた。そのあと『誘う』で和装見たとき「えっっっむ、むろくんかっこいい超にあってる」って双眼鏡持った。動揺して置いた(2回目)。
そしてなんといってもコント。室くん天才かよ………!!!!!!!!!????????????
室くんが一つボケを回収するたびに室くんの口座にお金が入るようなシステムを今すぐジャニーズ事務所は総力をあげて作るべきでは?????????と思うくらいすごかった。ひとつひとつ、あんなにボケが大渋滞しているのにキレイに全部拾って打ち返してあげてた。
向井くんは向井くんですごかった。みんなのボケを受けて最後にきれいにまとめるようなボケをかましている頭の回転の良さに驚いた。あんなに渋滞したボケのなかで、それをまとめるのがそれを覆いかぶせるボケだななんて思ってもなくて「向井くんしゅごい」って語彙を失…もうすでに語彙なんてなかった!!ごめん!!!!

関ジュのコーナーもまさに関西らしくて面白くてよかったんだけど何より、和風コーナーで来ていた着物を着崩して侍の衣装(次の衣装替えも加味した着方)にしていたのが、似合いすぎて、ちょっと意味わかんなかった…室くんも向井くんも似合いすぎてた……意味わかんない…(たぶんコント後室くんと向井くんに感心しきってしまってフィルターかかった)。
青春アミーゴ』や『アンダルシアに憧れて』で黒いハットかぶっててもダンスですぐ向井くんってわかるほどかっこいいダンスに見惚れて双眼鏡気づいたら構えてたし、『Real face』はほっくん見たいのにちょっと困ったもん、室くんいるから。

まさか関西に室くんと向井くんなんていう伏兵がいるなんてしらなかった…怖い…
もちろん西畑くん、大西くんもすばらしかったのだけれど、今回は衝撃的過ぎた室くんと向井くんの話だけしました。西畑くんは西畑くんですごかった。関西背負ってるオーラにくらくらしたし、大西君は一挙一動かわいくて、先輩たちがかわいがるわけだなあ…と感嘆した。

やめて!関ジュの沼には一度死んだ私が葬り去られてるんだから引きずり込まないで…!!!!!といまじたばたしてます。押すなよ!!!!!!!!絶対押すなよ!!!!!!!!!!フリじゃないから!!!!!!!!!!!!!



さて。こんな素敵な『東西SHOW合戦』、DVD化しないわけにはいかなくないです?そこの偉い人!!!!!!!!!!!!!と首元もってゆさぶりたい気持ちをブログにしてみました。この記事を読んだそこのあなたも、よかったらこの気持ち、このページにぶつけてみてね☆(危ないページじゃないよ!松竹の公式サイトだよ!!)

DVD化ご希望作品:お問い合わせ窓口-お問い合わせ|松竹株式会社