シラヌヒの木のしたで

ジャニオタクソDDじんせいたのしい

SnowMan阿部亮平くんに人生で初めてリアコ拗らせた二十代おたくの話を聞いてください

タイトル通りです、でこぽんです。正気です。久しぶりにちゃんとしたジャニオタっぽいブログ書いてみたいと思います(ジャニオタっぽいとは)。

前回の記事は、三ヶ月ぶりかな?結構久しぶりに書いたのですが、なかなか今文章のアウトプットができない時期だったので、久しぶりに「ちゃんとブログとして文字書けるかな?」という確認作業だったような気がします。前回の記事にもある通り仕事辛かったのでブログとして文字におこすのしんどかったみたいなとこです。まあそうでなくてもわたしのブログは気分屋です、そんな前置きはいいんです、はい。

以前「SnowManステマしてください!!!」ってブログを書きました。こちらです。

ponkandekopon.hatenablog.comほんっっっとうに素敵なステマをたくさんしてくださって、感謝してもしきれません。ほんとはまとめてブログ記事とかにしたいんですが許可とか取ってないのでどうなんだろう、と考えて結局三ヶ月経ってしまいました。
皆様のステマのおかげで本当に楽しく少年たちLIVE和歌山公演、そしてその後行けることになった少年たちBT松竹座公演も本当に楽しめました。だてさまの所作が麗しく素晴らしいことに気づけたのは皆様のステマのおかげだと思っております。ほかにも色々と気付けたこと、感じたことはあるのですが、割愛させていただきます(めっちゃ長くなる)。今更になりますが、こちらをお礼に返させていただきます。

さて、本題です。
阿部亮平くんにリアコ拗らせました。
リアコ とは 引用源:https://numan.tokyo/words/OWIlN

「リアルに恋している」の略。
学校などにいる男子に恋をした時に使用するのではなく、この言葉を使用する際の恋愛対象はアイドルや俳優など、芸能人に対して恋愛感情を持っていることをさす。
中学生や高校生など、年齢層の若いファンに多いが、もちろん年季の入ったリアコもいる。
“ガチ(本気)で恋している”の略である“ガチ恋”と同意語である。

女の子ファン→男性アイドル・俳優に対して使用することが多い言葉だが、二次元のキャラクターに対して使う人もいる。

 
わたし、わりと長めにジャニオタやってるんですが、今まで「リア恋」という感情を抱いたことがまっっったくありませんでした。
もちろん、リア恋してる人を否定するわけではなく、馬鹿にする意図もなく、ただただ、自分にその感情が欠落していたのです。『アイドル』は『アイドル』という枠組みなのであって、ホログラムか何かで出来た人間のようななにか、『アイドルという概念・虚像』を愛しているのであって、それに対して抱く好意は、恋愛に結びつくものでは、わたしにとっては全くなかったのです。
といっても、『リア恋枠』という概念は分かります。『このアイドルとだったら、リアルに恋愛したら楽しそう』『リアルな恋愛を想像できる』という枠組みに当てはまる人、の事だとわたしは勝手に思っているのですが、そういう人を思い描くことはできても(例えば、Hey!Say!JUMPの高木くんはドライブデート楽しませてくれそうだよね、とか、SixTONESの高地くんはバイクの後ろにのせてくれて温泉旅行とかしてくれそうだよね、みたいな)実際自分がそうされている、そうされたい、という願望は全くなくて、こういうドラマ観たいなあくらいな気持ちでいました。あ、なんかこういうブログ記事書いたな。不倫して欲しい的な。不倫どころか彼氏もいないけど。ここ笑うところですよ!!!!真顔で「そうだろうね」みたいな顔でスクロールしないでください!!!!
結婚したい、と思えるようなアイドルがいなかったかといえば嘘になりますが、それも『リア恋枠』のひとつで、自分がどうこうなりたい、と思ったことはあまりありませんでした。

そこに、突如やってきた『阿部亮平』。少年たちLIVE和歌山公演では、その前に色んな方にステマをしていただいた結果SnowManの色んな部分を見よう!と頑張ったのですがやはり阿部亮平くんに目がいったのは覚えています。でも、「結局SnowManでは阿部くん推しに落ち着くかな〜」というくらいの認識でした。
阿部亮平くんは音もなく、突然、やってきました。こわい。いまわたしがこうなった元凶が全く思い出せずどうしてこうなった、と思ってツイッターのアカウントを遡ってきたのですが、どうやら原因は「ミラクル9」への出演だったようです。
仕事から疲れて帰ってきて、テレビをつける元気もなく、阿部くんが出ていると知りながらもテレビは情報量が多すぎて余計に疲れてしまうのでテレビをつけずにぼーっとしていたものの、あかりしゃんが「あべべめっちゃかっこいいよ」とラインしてきたのがきっかけでテレビをつけた記憶があります。
そこから、阿部くんは大した活躍をしていたわけではありませんでした。もう見せ場は終わった後で番組も後半戦。それでも、わたしにとって「クイズ、シュート!」のときに人差し指を立てたり、ZZLポーズをする阿部くんがかっこよすぎて、寒いリビングで暖房もつけずに正座して、テレビにかじりつくように阿部くんを見ていました。

それからというもの。『あべべと結婚したい』とうわごとのようにつぶやく日々。ツイッターどころか、あかりしゃんに毎日「あべべ結婚したい」とラインし、うわごとのように現実であべべ結婚したい…とつぶやく始末。
何故か分からないのです。阿部くんがどうしてここまでわたしのことを惹きつけるのか。結婚したいと思わせるのか。

今まで、あのブログ記事にいただいたステマの後に、少年たちを三回見ています。そのときももちろん北斗くんが出ていない時は「あべべかっこいい〜♡」とメロっていたのは事実ですが、まさかこんなことになるなんて、本当に思っていませんでした。

と、いっても、今まで「結婚したい」と思ったことが一度もないオタク。どうしていいのかわかりません。全く。ただただ毎日「あべべと結婚したい…」とつぶやきたい気持ちを抑えながら虚ろな目で仕事をする日々。北斗くんへの『好き』と確実に違う『好き』。種類が違うのです。チョコレートサンデーもハヤシライスもどっちもおいしいけれど満たせる場所が違います。そういうことです(どういうことなの)。
わたしの愛するSixTONESの超名曲『JAPONICA STYLE』の歌詞に「描ける夢はきっとかなうのさ」って言うくらいだからとりあえず描いてみようかな。ほわわわ〜ん(謎の擬音)

………まっっっったく浮かばない!!!!!!!!!!まったく!!!!これっぽっちも!!!!!!!

今までリアコ拗らせたことないオタクなので、何の妄想もできない。ただひたすら「結婚したい」「いっそ結婚式も結婚生活もいらないから籍だけ欲しい」「いっそ戸籍謄本でもいい」「事実上阿部亮平くんの籍に記載されるならなんでもいい」「婚姻届に名前書いてもらって額に入れて飾りたい」と言い出す始末。

…しかたありません。だって、阿部亮平くんと結婚できる世界線に産まれてこなかったのですから。本当に結婚できるなんて、そりゃ思ってません。いちおう二十代の現実見たオタクです。来世は結婚できる世界線に産まれてくることが今世の目標です。

なんで阿部亮平くんってこんなかっこいいんですかね?存在がかっこよくないですか?顔も経歴も存在もかっこよすぎて苗字が欲しい。いっそ苗字だけでもいい。もしくは告白して振られたい。告白できる世界線にさえ産まれてないけど。


そんなわたしに!!あの!!!大変恐縮ではありますが!!!!!!!!!!
3/24横アリ合同公演、
3/25SnowMan単独公演
いずれか1枚、定価+手数料で譲りいただけないでしょうか!!!
阿部亮平くんのうちわをどうしても持ちたいです!!!!阿部亮平くんを一目拝めればどんなお席でも楽しめます!同行も可能ですしドタキャンもマナー違反もいたしません!ご希望でしたら4連うちわや2連うちわの1枚持ちます、なんなら作ります!!うちわ作るの好きです!過去のブログ参考にしてください!!!

そんなほとんどチケツイのブログになってしまいましたが、もしよろしければDM解放しておりますので、お声がけいただけたら嬉しいです。わたし自身もチケットを現在血眼で探している最中です…。熱意だけでも伝われば幸いです。

 

…というブログを書いていたのですが一時期非公開にしていたのは、実は無事に大阪城ホールとSnowMan単独、ご縁がありました…!ありがとうございます!阿部くんと結婚してきます!!(できない)